自分に合った方法を選択|いびきを指摘されたなら病院で診てもらおう
レディ

いびきを指摘されたなら病院で診てもらおう

自分に合った方法を選択

ウーマン

こまめに運動が大切

デスクワークや長時間のスマートフォンの使用などによって、現代人の多くは肩こりを抱えています。解消方法としては、長時間同じ姿勢で過ごさないことや、1時間に1回は肩回りを含めたストレッチなどを取り入れることがおすすめです。肩に手を当てて肩甲骨を回したり、首を回すなども肩こり解消につなげることができます。それ以外にも体全体を伸ばすことができる、ストレッチポールなどを利用してもよいでしょう。また、ウォーキングやランニングを日常生活に取り入れることで、体内の血流がよくなり肩が凝りにくい体質へと改善してくれます。寝ても肩こりが解消されていない場合には、枕の高さを考えてみるとよいでしょう。自分の体に合った枕を使用しないと、肩こりを招く原因になります。

凝り固まると厄介

肩こりは初期のうちに、こまめに解消をしておくと意外と簡単に楽になるものですが、コリが蓄積してしまうと解消するまでに時間がかかる場合があります。特に毎日、長時間のデスクワークを行う人やスマートフォンが手放せない人は注意が必要になります。デスクワークを行う人やスマートフォンをよく使用する人は、自然と前かがみになりがちです。この姿勢は首から背骨にかけてとても負担がかかり、肩こりへとつながります。仕事などで、毎日同じ姿勢で長時間過ごす場合には自身の姿勢に気を使うことや、姿勢をたまに変えるなどすることも大切です。ストレッチや姿勢の改善でも解消されない場合には、サプリメントや薬などの利用を考えることをおすすめします。

Copyright © 2016 いびきを指摘されたなら病院で診てもらおう All Rights Reserved.